パパが出来る子育て〜妊娠中に出来ること(妊娠中期編)〜

パパの子育てが上手く行くたった3つの方法、、、

それは、、、

その①:赤ちゃんが最優先

その②:ママがその次に優先

その③:パパが一番最後

これだけ守っていれば大抵の事は上手く行きます(^o^)丿気持ち・食事・お風呂・イライラ・リラックス等々、全ての生活においてこの順番を守って下さい!そうすれば赤ちゃんも安心、ママもホッと一息、それが全てパパに跳ね返ってくるので結果的にはパパもOK!

もちろん、具体的な方法がわかっていた方がより実践に活かせると思いますので以下も合わせて参考にしてみて下さい<m(__)m>

全国のパパ達、家族のために一緒に子育て頑張りましょう!!




1.妊娠中に出来る事

妊娠中、ママのカラダはどんどん変化していきます。今までにない赤ちゃんという新しい命が宿り、出産に対する不安も日に日に大きくなり、精神的にも崩れやすくなってきます。実際に、私の奥さんも不安にかられ毎日のように泣いたり苦しんだりしてました。そんな時にパパが出来る事、してあげられることをまとめてみました。

1-2.妊娠中期

妊娠中期ではつわりも収まってきて、体調も回復してくるので安定期と呼ばれる時期に入ります。胎動を感じたり性別がわかってきたりするのもこの時期。貧血や妊娠線などの予防にも注意しましょう(^o^)

①性別

赤ちゃんの形も徐々にわかってくる時期。なんとなくながらも性別がわかってくるのもこの時期。先に知りたい人、知りたくない人いると思いますがエコーの画像を見ていると結構わかってしまう事も。服を準備したり名前を決めたりするのには先にわかっていた方がいいかもしれませんね。ちなみにうちの場合は、先に性別を聞いていたので、生まれるまでの間、どんな子に育てようかとか名前どうしようかといった感じで盛り上がりました(^o^)丿

②家事

安定期に入るとママも動けるようになってくるので、掃除や洗濯など家事を積極的に行う方もいると思います。ただし、安定期と言えどもママのお腹の中には新しい命がいるのです!貧血を起こして倒れたりする恐れもあるので、パパが積極的に家事をしていきましょう。仕事をしている方は、疲れてるのになんで家事やらなきゃいけないんだとか、一日中家にいるんだからやってよとかは口が裂けても言わないように!個人的には家事の出来ないパパはダサいと思いますが。。。

③病気、薬、入院

妊娠中は様々な病気に注意しなければならず、風邪を引いたからといっても普段と同じように市販の薬を飲んで治すといったことは出来ません。風邪などを引かないように予防することはもちろんの事、パパも菌などを持ってこないように注意することが大事。漢方薬等であれば妊婦さんでも処方できるものはあるので注意書きを良く読み、緊急時は対応しましょう。時間があれば医者に相談しましょう。

※パパポイント:安定期に入るとパパママも一安心。ただし、出産はそんなに甘いものではないので気を抜く事なく過ごしましょう。ママもつわりが治まってきて動けるようになる為、多少無理をする可能性も。無理をしすぎて体調を崩したり転んで怪我をしたりしないようしっかりとママをフォローしましょう。




スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク